脱毛サロンに来店する前にしておきたいこと!

来店する前に自己処理を

脱毛サロンに来店する前にしておきたいのが自己処理です。なぜ来店する前に自己処理しないといけないのか、それは光脱毛の仕組みが大きく関わっています。光脱毛では黒い色に作用する波長の光を照射し、毛根に熱ダメージを与えています。むだ毛が肌表面から出ている状態だと、光がむだ毛に吸収されてしまい、脱毛効率が悪くなってしまいます。

そのため来店する前に自己処理して下さいとエステティシャンから言われることが多いです。むだ毛が伸びるペースは部位や個人差があるものの、1日0.1ミリから0.4ミリほどと言われています。この伸びるペースを考慮すると2日前1日前に自己処理するのが適切です。

忘れたときや剃り残しがあったときは

自己処理を忘れたとき、剃り残しがあったときの対応は脱毛サロンによって異なります。断られる脱毛サロン、その部位だけ外して施術する脱毛サロン、有料でシェービングする脱毛サロン、特定の部位を除いて無料でシェービングする脱毛サロンなどいろいろです。全身脱毛を受けるときは背中など中々自分で剃れない部位が出てきます。

そんな全身脱毛を受けたいときでもシェービング対応が受けられる脱毛サロンなら安心です。初めてお試しコースやカウンセリングを受けるときにシェービング対応がどうなっているのか確認して下さい。

毛抜きやワックスは厳禁

毛抜きやワックスを使用するとむだ毛が根元から抜けてしまいます。光脱毛では毛根にある黒いメラニンに作用させており、根元から抜けてしまうと光が作用しなくなる可能性があります。脱毛効率が悪くなるため、毛抜きやワックスは厳禁です。

来店前の自己処理は顔用の電気シェーバーで

カミソリで剃る自己処理では肌への負担が大きいです。誤って傷を付けてしまうことがあるため、顔用の電気シェーバーを使用するのがおすすめです。刃が直接肌に触れない設計になっており、カミソリで剃るより肌への負担が小さいと言うメリットがあります。

コンパクトサイズのためバッグに入れて持ち運びしやすいです。バッグに入れておけばうっかり忘れて来店してもすぐに自己処理出来ます。毎回有料でシェービングサービスを受けていると金銭的な負担が大きくなってしまいます。しかし顔用の電気シェーバーなら一度購入するだけで済みます。本体は3000円ほど、後は電池代がかかるだけのために負担が少ないです。

日焼けと飲酒に注意

日焼けすると火傷のリスクが高まる

初めて脱毛サロンに来店するとき、注意したいのが日焼けです。光脱毛の波長は黒い色に作用するため、日焼けして黒いメラニンが増えると火傷するリスクが高まるのです。

多少の日焼けなら肌トラブルは起こり難いものの、紫外線の浴びすぎは肌トラブルが起きやすいため、エステティシャンから施術を断られることがあります。薄くなるまで待たないといけないため、脱毛完了までのペースが乱れてしまいます。

日焼け止めクリームで対策

紫外線対策として有効なのが日焼け止めクリームです。紫外線には肌が黒くなる日焼けを起こすUVA、肌が赤くなる日焼けを起こすUVBと言う波長があります。日焼け止めクリームにはPAとSPFと言う性能を表す値があります。PAはUVAのカット性能、SPFはUVBのカット性能を表しています。

PAは++++、+++、++、+と4種類あり左に行くほど性能が高いです。SPFには30や50など数字で性能を表しています。数字が大きいほど性能が高いです。その代わりに性能が高いほど肌への負担が大きくなるため、外出時間に合ったものを選んで下さい。

飲酒は控える

アルコールが抜けないまま来店すると施術中に気分が悪くなる恐れがあります。施術中に吐きたくなったら大変です。完全個室の脱毛サロンではエステティシャンに迷惑をかけることがあります。アルコールは体温が上昇し血流が良くなるため、いつもより熱を感じやすくなります。赤みやかゆみなど肌トラブルに繋がりかねないため飲酒は控えて下さい。

こちらのコラムも人気です!