脱毛サロンに来店すると勧誘される?断り方も解説!

脱毛サロンの勧誘

カウンセリングを受けに初めて来店したとき、脱毛サロンのエステティシャンから勧誘を受けることがあります。初めてのカウンセリング時にアンケート記入があり、その内容を基に勧誘を行うと言うパターンが良く見られます。お試しコースを受けた後も勧誘を受けやすいです。

エステによっては勧誘を行うエステティシャンにノルマを設定する場合があります。そのため一部のエステでは強引な勧誘を受けたと言うトラブルが見られたのです。しかし最近の大手エステでは強引な勧誘は見られなくなりました。

それは強引な勧誘を行い、評判が悪くなると顧客が来なくなるからです。ホームページで強引な勧誘は行わないと記載するエステも多くなっています。多少の勧誘はあっても強引では無いことが多いです。その人にとって本当に必要なものなら、勧誘をそのまま受け入れても問題無いです。

しかし必要無いときは困ることがありました。ハッキリ断ることが出来る方なら必要の無い勧誘を受けても大丈夫なものの、中々断れない方だと問題が発生しやすいです。強引な勧誘を受け、契約してしまった場合でもクーリングオフにて無条件で解約することが可能です。手続きなど分からないことは自治体の消費生活センターに相談してみて下さい。

上手な勧誘の断り方は?

クーリングオフにて無条件で解約出来るとは言っても一定期間のみ、手続きにも手間がかかるために必要無い勧誘はきちんと断りたいところです。勧誘を受けにくくする方法や、中々断れない方でも上手な断り方があります。

勧誘を受けにくくする方法

カウンセリング時のカルテには名前や住所、職業などいろいろな欄があります。職業に正社員と書くと勧誘を受けやすいです。それはアルバイトやパートよりも収入が高く、安定しているからです。専業主婦と書くと本人には収入が無いために勧誘を受けにくいです。

カウンセリング時のアンケートには予算の欄があります。多すぎる予算を書くと、全身脱毛プランなど高額な契約でも取れそうだと思われて勧誘を受けやすいです。逆に低すぎる予算を書くと、お試しコースのみで帰宅されそうと思われて手抜きされる恐れがあります。

お試しコースを受けている最中に、エステティシャンと会話することが多いです。このときも検討していることをさりげなく言うのがおすすめです。エステが初めてと言うより、慣れていることをアピールすると良いでしょう。さらに前のエステでは強引な勧誘を受けたため、こちらに来店したと言うと勧誘を受けにくいです。

上手な断り方

カウンセリングの時間を予め決めておくと断り易いです。急ぎの予定があるため、時間が来たら帰宅しますと伝えておくと長々とした勧誘を受けずに済みます。その場ですぐに契約するのではなく、他の脱毛サロンも比較し検討したいと伝えると断り易いです。その他にもお試しコースを受けた後、肌トラブルが後で起きないか経過を見たいと伝えると断り易いです。

全身脱毛プランや都度プランなどプラン以外にも化粧品などの勧誘を受けることがあります。そのときは家族が化粧品会社に勤めていて安く手に入る、無料で貰えると言うと勧誘がストップすることが多いです。勧誘されるたびに丁寧に断り続ければ、引き下がることが多いです。

しかし一部のエステでは個室に通され、複数のエステティシャンに囲まれ、中々帰してくれないことがありました。そんな強引で悪質な勧誘を受けた場合は自治体の消費生活センターに連絡しますと言うとすぐに帰してくれることが多いです。

余裕が無いと言う断り方だとエステティシャンからローンの勧誘を受けることがあるために注意が必要です。その他にも痛そうだからと言う断り方も、施術を受けるたびに慣れていくために大丈夫ですと言われることがあるために注意して下さい。

こちらのコラムも人気です!