脱毛サロンの施術はこれ!光を使った便利な方法

脱毛の専門店と医療施設で利用できる施術は全然違う

脱毛サロンと医療施設で利用できる施術には明確な違いがいくつかありますので、初めて専門店や施設を探す際には知っておくことが大切です。

  • 脱毛サロン…開業許可さえあれば問題ない
  • 医療施設…医師免許が必要

脱毛サロンと呼ばれている店舗は、その名前が意味している通り本来はサロンとして利用者に対してサービスを実施していた店舗です。単純に脱毛だけを行うのではなく、日頃の疲れやストレスを癒す目的で考えられたものであるため、脱毛サロンも医療的な目的というよりかは美容のためのリラクゼーションの手段として利用されることになります。

一方で、医療脱毛を利用できる医療施設では、脱毛だけを目的としてサービスが実施されますので、患者はサロンやエステのようにリラクゼーションの一環としてサービスを受けることはまずできません。そのため、患者は自身のコンプレックスとなっている体毛を除去することのみを目的として施術をすることになります。

また、両者には下記のように、費用面と脱毛についての効果に関して明確に違いが存在しますので、この点も初めての人は理解しておくことが重要です。

  • 脱毛サロン…安価で効果は短期的
  • 医療施設…高価で長期的な脱毛効果がある

脱毛サロンと医療施設の双方では、効果や費用面について共通していることがほとんどありません。例えば、脱毛サロンで全身脱毛を提供している店舗の中には、あたかも永久脱毛のような長期的な脱毛効果を期待できる文言を宣伝しているところがあります。しかし、こうした長期的な全身脱毛の脱毛効果を宣伝して良いのは、いわゆる医療脱毛だけなのです。

脱毛サロンは、医療脱毛に分類されない範囲内で脱毛行為ができるだけであるため、その範囲内で他の一般的な施術と差別化を図ってより良いサービスを提供しなくてはいけません。そうしないと、店舗側もトラブルに巻き込まれてしまうことになります。

施術面での制限は脱毛サロンと医療施設を明確に区別する基準でもありますので、この点は利用者も店舗もトラブルにならないように覚えておかなくてはいけません。実際に、こうした両者の違いのポイントは口コミなどで評判の良い店舗や医療施設を探すときにもとても重要な指標となります。

美容と健康に良い光脱毛の利点

脱毛サロンで行われる施術では、光脱毛という小さな刺激で体毛を処理できる脱毛器を使います。光脱毛は、波長を調整した光の力によって、効率よく体毛だけを処理するとても便利な方法です。

本来、光の力は人体には有害なものも含まれているのですが、波長の中に存在している特定のものだけを調整すれば、人体に影響を与えることなく体毛だけを処理できるようにできます。実際に、こうした波長を調整した脱毛器は光脱毛だけではなくレーザー脱毛にも使われていますので、問題はその光の力によってどのくらいの影響を肌や体毛に与えるかどうかだけです。

光脱毛は、医療脱毛で使われるレーザーと比較して低刺激で、肌に対して無駄なダメージを与えない性質がありますので全くの初心者であっても使うことが可能です。事実、光を利用したこうした脱毛器は普通の市場でも販売されていますので、脱毛サロンではこうした機器を業務用のものとして購入して消費者に対してサービスを実施しています。

また光脱毛は、脱毛サロンのほとんどで取り入れられている手法ですが、この方法が好まれているのは光に含まれている波長が実は肌に対する若返りの効果と健康的な美容のケアに役立つことが研究によって解明されたからです。

光脱毛の光は、本来はフォトフェイシャルという美容や肌の健康面を考慮して開発されたものであるため、この光を流用して脱毛処理を行うことはとても人間の肌と相性が良いのです。素人が脱毛処理をするよりも遥かに綺麗な仕上がりにできますので、お試しで利用する際も多くの店舗でおすすめとして使われています。

こちらのコラムも人気です!