永久脱毛は永久じゃない?永久脱毛の定義と効率良く脱毛する方法

永久脱毛の基礎知識

永久脱毛に関する定義

永久脱毛と聞くと、一生毛が生えてこない状態をキープできると考えてしまう方も多いでしょう。しかし現時点ではどの脱毛方法においてもムダ毛が再生してしまう可能性がある為、全く生えていないようするのは難しいのです。日本には永久脱毛に関する定義がないので、アメリカの永久脱毛に関する定義をそのまま使用している場合が多いです。

アメリカでは電気脱毛協会や食品医療局であるFDAが「脱毛後1ヶ月が経過した時点で脱毛箇所の毛の再生率が20%以下である事」「施術を3回終えた後6ヶ月が経過した時点で3分の2以上減っている事」といった永久脱毛の定義を作っています。日本においてもこの定義を使用している事が多く、この定義に当てはまっていれば永久脱毛ができていると解釈するのが一般的なのです。

永久脱毛は医療行為

一般的に永久脱毛で施術箇所の毛を生えてこないようにする為には、毛を作り出す元になる毛母細胞や毛乳頭を破壊しなければなりません。細胞や毛乳頭を破壊する行為は日本の法律では医療行為にあたる為、免許を持っているスタッフにしか施術する事ができない決まりになっています。

一番確実な方法と言えるのがニードル脱毛という脱毛方法で、この方法は毛根一つ一つに針を刺して電気を流し毛乳頭に直接刺激を与えて破壊していきます。電気がしっかり毛乳頭まで達していれば、その毛穴からは二度と毛が生えてくる事はありません。

確実性は非常に高いニードル脱毛ですが、かなり高い技術が必要とされ肌トラブルも多い事から日本では施術できる場所が少ないと言えます。毛乳頭を破壊できるもう一つの脱毛方法は医療レーザー脱毛です。非常に出力の強い光をピンポイントで照射する事によって毛乳頭にダメージを与え細胞が再生できないようにしていきます。

この2つの脱毛方法は医療行為となり、脱毛サロンやエステサロンでは受ける事ができません。脱毛サロンやエステサロンで主に受ける事ができるのは、医療レーザーよりも弱い複数の光を照射し毛根にダメージを与えていくフラッシュ脱毛が主流となっています。

フラッシュ脱毛では毛根にダメージを与えて毛の発育を一定期間停止または遅らせる事が目的となっており、厳密には脱毛ではなく減毛行為となるのです。

永久に生えてこないようにするにはどうすれば良いのか

定義によれば一定の脱毛効果と脱毛継続期間があれば永久脱毛と解釈する事はできますが、毛が全く生えてこない永久的な脱毛は可能なのでしょうか。ニードル脱毛もレーザー脱毛も目に見えている毛にしか効果を発揮する事ができません。

目に見えている毛は全体の3分の1程度なので、初めての脱毛から継続して2~3年の期間をかけ毛が生え変わるサイクルに合わせて脱毛していく必要があります。ただニードル脱毛は一度に施術できる箇所が少なく全身脱毛には向いておらず、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は色の薄い毛や白髪には反応しません。

その為全身脱毛で本当に毛がない状態に近づけたいのなら、複数の脱毛方法を併用して行うのがおすすめです。ニードル脱毛やレーザー脱毛は肌への負担も大きく、トラブルを引き起こしてしまう可能性も否定できません。

フラッシュ脱毛に関しても肌トラブルを引き起こすケースはあるので、初めて脱毛をする場合はまずお試しコースを受けてみると良いでしょう。そこで自分に適している脱毛方法を組み合わせていくと効率良くムダ毛を減らす事ができます。

金額的にも脱毛サロンやエステのフラッシュ脱毛が一番良心的と言えるので、フラッシュ脱毛を試した後に毛が生えてしまった箇所だけをニードル脱毛やレーザー脱毛で処理していく方法も良い手段だと言えます。このように長期間の継続的な脱毛を計画的に行えば、永久的に生えない状態に近づける事は可能という事になります。

こちらのコラムも人気です!