申し込み前の確認は大事!キャンペーンに適用条件はあります

無料カウンセリングに申し込みをする

脱毛をしたいと決意をすると、次にどこの脱毛サロンや脱毛エステに申し込みをするのか検討します。検討して施術を受けたいサロンが決まれば、無料カウンセリングや無料体験を受けることになります。ほとんどの脱毛サロンでは、初めて申し込みをする人はすぐに契約をするのではなく、トラブルを避けるためにも無料カウンセリングを行ってから契約をします。

無料カウンセリングの申し込み方法は、それぞれのサロンのホームページから直接申し込みをするか、電話をして申し込みをします。予約をするための入力内容や伝える内容は、個人情報と希望の店舗と日時を選ぶシステムになっています。

また、当日に持って行くものはそれぞれのサロンのホームページや電話で確認ができますが、以下のものを用意するのが一般的です。

  • 身分証明書
  • 印鑑
  • クレジットカード
  • キャッシュカード

無料カウンセリングが終わってからその場で契約をするのなら、印鑑とクレジットカード、その店舗と分割払いの契約をするなら印鑑とキャッシュカードが必要になります。もちろん、現金一括払いでの契約も行えます。

無料カウンセリングの当日に行う内容は、まず、持病は持っていないかアレルギーがないかという内容をチェックシートに書いていき、全身脱毛や部分脱毛の希望のコースについても記入するようになります。

それから、毛周期についての説明や、どの脱毛コースを選べばいいのか、どの位の期間通うことになりそうなのかを、料金を含めて説明を受けるようになります。また、脱毛サロンによってはパッチテストを行って、脱毛しても肌に問題はないのかお試し確認をする場合があります。

ここまでが無料カウンセリングのメニューになっているのですが、説明を受けて申し込みをしたくなければ断ればかまいませんし、断った際に料金は発生しません。各サロンとも強引な勧誘は行っていませんので、安心して無料カウンセリングを受けられます。

キャンペーンの条件を確認しておく

いざ契約するとなると、それなりに料金がかかることから、その場での契約を躊躇することがあります。無料カウンセリングを申し込む前に料金は確認しているのですが、思っていたよりも通う回数が多いかもしれない、部分脱毛よりも全身脱毛を選んだ方がコストパフォーマンスはいいという理由などから、家に帰ってから考えたいという場合はあるかもしれません。

契約は後日改めてできるのですが、脱毛サロンによってはキャンペーン価格の適用ができないことがあります。

キャンペーン価格の適用条件は、キャンペーン期間内に契約しないと適用されなかったり、後日の契約になるとキャンペーン価格が適用されなかったりする場合がありますので、初めて無料カウンセリングを受ける前には、キャンペーンの適用条件も確認しておくことをおすすめします。

キャンペーン適用ができないかもしれないと焦って契約をしても、それぞれの脱毛サロンでは、無条件で契約を解除できるクーリングオフの期間を設けています。クーリングオフの条件は、契約してから8日間以内なら無条件で契約を解除できます。また、クーリングオフの期間を過ぎて契約を解除したい場合でも、契約を解除することは可能です。

契約を解除したい場合は、施術を受ける前なら2万円、施術を受けてからならそれまでの施術代金に合わせて、2万円か残りの契約料金の10%を支払うようになります。つまり、クーリングオフの期間を過ぎて契約解除はできるものの、最低でも違約金として2万円は払わないといけないということです。

後になってトラブルを起こさないためにも、無料カウンセリングを申し込む際にキャンペーンについて確認して、契約書の大事な部分はしっかり目を通してから契約するようにしましょう。

こちらのコラムも人気です!