脱毛サロンでワキ脱毛を受ける前に注意したいこと!

事前に剃り毛が必要

脱毛サロンでワキ脱毛を受ける前に必要なのが剃り毛です。お試しコースやカウンセリングを受けに初めて来店した際、エステティシャンから事前に剃り毛してから来店して下さいと言われることがあります。施術効果は1ミリから2ミリほど肌表面からワキ毛が出ていたほうが高まります。そのためなるべく直前に自己処理するのは避けたいところです。

カミソリを使用する際の注意点

ワキの自己処理にカミソリを使用する場合、ワキ脱毛の予約前日に行うと赤みやかぶれなどの肌トラブルが発生し、脱毛サロンの施術が受けられないと言う可能性があります。カミソリで剃る場合は2日前3日前に行うと、予約当日までに肌トラブルが治まり易いです。近頃のカミソリでは複数の刃が付いているものが多くなりました。

しかし枚数が多いほど肌への負担が強くなってしまいます。なるべく1枚刃のカミソリを使用して下さい。T字型のカミソリで丸みのあるワキを剃ると傷を付けてしまう恐れがあります。丸みのあるワキでも剃り易いワキ剃り用のカミソリを通販で購入するのがおすすめです。

刃こぼれのあるカミソリを使用すると肌トラブルの元になりかねないです。新しいカミソリに替えて使用して下さい。肌が不衛生な状態で剃り毛すると、傷口から雑菌が侵入しかねないです。カミソリで剃る前に丁寧に洗って下さい。洗面台などに置きっぱなしにしたカミソリは衛生的に不安があります。

短期間なら問題無いものの、長期間置きっぱなしのときは新しいカミソリを使用して下さい。乾燥している状態で剃り毛すると肌荒れしやすいです。風呂上りなど肌に水分が含まれている状態だと安心です。

何度も同じ個所をカミソリで剃ると刺激により、色素沈着を起こしかねないです。剃り毛するときはシェービング用のクリームを使用するのがおすすめです。生理前や疲労が溜まっているときなど、体調が悪いときは剃り毛しないほうが良いです。

電気シェーバーがおすすめ

カミソリを使用すると肌への負担が大きいため、電気シェーバーのほうがおすすめです。全身脱毛する場合は特に電気シェーバーのほうが楽です。ただし逆剃りを行うと肌を傷つける恐れがあります。

ローションを使用しワキ毛の向きを揃えてから順剃りを行うと良いです。カミソリより費用がかかると言うデメリットがあるものの、レディースシェーバーなら2000円ほどで購入することが可能です。

その他に注意したい点

肌の日焼けには注意

黒い部分に反応する光脱毛の場合、肌が黒く日焼けすると痛みが強くなる可能性があります。日焼けは肌が乾燥しやすくなるため、肌トラブルの元になりかねないです。ワキと言った部位は他の部位と違い、紫外線を浴びる機会は少ないものの、念のために紫外線対策グッズなどで日焼けを防止して下さい。

全身脱毛を受ける場合はワキよりも神経を使う必要があります。紫外線の波長の中には窓ガラスや雲を通すものがあるため、部屋のカーテンはUVカットのものに替えると良いでしょう。

制汗剤には注意

ワキのニオイを抑えたいときに便利なのが制汗剤です。汗を抑える作用を持つ成分と雑菌の繁殖を抑える成分を配合する制汗剤が多くなっています。しかし毛穴を塞いでしまい、余計ニオイがきつくなると言うケースがあるために使い過ぎには注意が必要です。

持病や服薬している方は注意

持病によっては脱毛サロンで施術が出来ないと言われることがあります。服薬している場合は医師の診断書が求められることがあります。診断書を出して貰う際に医師に脱毛サロンで施術を受けても大丈夫かどうか聞いてみて下さい。脱毛サロンによって異なるため、持病や服薬している方は初めてのカウンセリング時に質問して下さい。

妊娠中の女性は脱毛サロンから施術出来ないと言われることがあります。光脱毛じたいは安全性が高いものの、照射時の痛みにより母体に良くない影響が出る可能性があります。

こちらのコラムも人気です!