時間がかかる脱毛だからこそ納得した効果を得たい

なぜ脱毛期間が長くなってしまうのか

1本1本それぞれの毛には、毛周期があります。毛周期には、成長期、退行期、休止期という3つのサイクルがありますが、毛が生えだしてからの太く長く成長する成長期に脱毛をすることにより脱毛の効果を高めることになります。退行期と休止期の状態にある毛を施術しても、効果はないということです。

成長期にある毛の割合は、腕やひざに生えている毛で20%、脇の下に生えている毛で30%と言われています。つまり、1度の施術を行っても成長期にある20%~30%程度の毛にしか効果を与えることができないということになります。

また、毛周期はそれぞれのサイクルを移行していきますが、成長期は3ヵ月程度、休止期は3〜5ヵ月程度の期間を経ながら移行していきます。脱毛サロンや脱毛エステでは、成長期に入っている毛にタイミングを合わせながら施術を行って脱毛効果を高めようと考えています。

この考えから、初めて脱毛の施術を行ってから2~3ヵ月程度の期間を空けて次の施術を行うという方法を取っています。2~3ヵ月の期間を空けながら6回程度の施術を行うことにより、脱毛したい全体の毛に効果が行き渡るようになります。そのため、施術を行う部分によっても異なりますが、1年~1年半は脱毛サロンに通うことになります。

また、脱毛の効果や感じ方は人それぞれによって異なります。毛が太く長い人が全身脱毛をすると、成長期にある毛を施術しても効果が表れにくいこともありますので、納得いく効果を得たいのなら通う期間はさらに長くなると予想されます。

毛が細く短い人の場合や、つるつるまで行かなくてスベスベ程度でいいという人などは、通う期間は短くなりますが、それでも最低1年程度の脱毛期間は必要です。

納得した効果を得るためには

脱毛サロンは多くあることから、どこの脱毛サロンに通えばいいのか、どのコースを選んだらいいのかは迷うところです。また、最初に説明を受けた内容よりも効果が出ないとトラブルになることも考えられます。

もしも、脱毛サロンの選び方やコース選びで迷うことがあれば、何回通っても料金が一定以上かからないコースがあるサロンを選んでおくと、後々トラブルに発展しにくいと言えます。脱毛サロンのコースには大きく分けると3つのコースがあります。

1つ目は、施術回数ごとに料金がかかるコース、2つ目は、通う期間によって料金がかかるコース、3つ目は、料金を支払えば無制限で通えるコースです。3つ目の、料金を支払えば無制限で通えるコースを選んでおけば、納得するまで通うことができますので、つるつるにしたいのであればこのコースを選んでおくべきです。

ただし、無制限で通えるコースにも気をつけておきたいポイントは存在します。そのポイントは、生活スタイルが変わるとそのお店に通えなくなるかもしれないことです。先にも説明しましたが、脱毛サロンに通う期間は最低でも1年はかかりますし、人によってはさらに多くの期間を脱毛サロンに通うようになります。

この期間に引っ越しをして、通っていた脱毛サロンが遠くなったり、引っ越し先に同じ脱毛サロンのチェーン店がなかったり、転職をして夜遅くまで仕事をしなくてはいけなくなるなど、生活スタイルが変化すると脱毛サロンに通えなくなります。

これらのことを考えてコースを選ぶようにしたいものです。また、初めて脱毛サロンに通うのなら、無制限に通える部分脱毛のコースを選ぶことをおすすめします。

こちらのコースをお試しで利用してみて、そのサロンの施術効果が自分自身に合っているのなら、続けて全身脱毛を利用するなど他の部分を脱毛するようにすると、納得した効果を得られやすいです。

こちらのコラムも人気です!